2016年02月22日

福祉貸し付け

町が独自で最大5万円の福祉貸し付け制度をもうけていて、今日国民年金しかない一人暮らしの高齢者で今は、怪我をされて治るまで4万円の年金しかない、4月には仕事行けるようになるのでそれまでの生活費が足りなく福祉課に申請に行きました。
社会福祉協議会の対応は、「この貸し付けは緊急用です。県にも福祉資金貸し付けあるのでそちらを聞いてみましょうか?と言うのです。
私は
「11月中旬に怪我をされて12、1、2月と仕事できず年金しかない。4万円で暮らしていてもう限界。緊急ではないか、4万で生活出来るか」
と言い申請をすることが出来ました。
保証人が以前の二人から一人でよくなっていて改善はされていますが、社協事務局の対応は、「お金無いから貸してくれ、と言う人に誰でも貸すわけにはいかない借りたら返さないといけない。町の税金なんだから。」
と何度も言われ町民一人で申請に行ったら諦めて帰ったのではと思われる対応でした。

国民年金しかない高齢者沢山おられます。
その方がたの生活が思いやられます。
posted by 山田のみっちゃん at 21:15| Comment(0) | 日記

15077565_POS_pink.png





201601akahataimage.jpg

inara201601mage.jpg
top-2015rensei-syomei.jpg