2016年08月25日

再び赤さびの水が発生していた!

昨日行われた議員懇談会で報告があり驚きました。2度と町民にご迷惑をかけないと言っていた水道部。
3月に起きた在来地での赤錆騒動の記憶も新しいのに8月16日に今度は真美ケ丘地域で、業者のミスによる水道管を傷つけられたことにより赤さびが発生してまた消火栓で洗菅をしたそうです。
広報車も後からですが出した、が給水車は飲食店のところにおいて一般町民にはビラで給水車いる方は連絡を。と言って回って5軒申し出でがあったとのことでした。
子育て中ノママはミルクをどうやってつくったのでしょう。深夜にかかったのですから、非常に困っておられる様子が目に浮かびます。電話もお話し中で水道部職員は対応ですべて出払っていたそうなんですから。
町長はこういう不測の事態に対処するよう職員を水道部だけでなく全部署で対処するようマニュアルを整備します。と言われましたが、6月の議会中と同じ答弁です。
あの後何をしていたのかと思います。
業者のミスなのですから業者が弁償すべきです。
町が支払うのはおかしい。
本当に不祥事続きの町、次は何がおきるのでしょう?
しっかり見張らないと。
posted by 山田のみっちゃん at 22:23| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


15077565_POS_pink.png





201601akahataimage.jpg

inara201601mage.jpg
top-2015rensei-syomei.jpg